製作実績

ご使用のお客様 ご紹介

鷲宮町の卒業記念「らき☆すた」コインを作りました 両面コイン(オプション 印刷プラケース入れ)

2010年3月の久喜市と合併の際、鷲宮町の卒業記念として「らき☆すた」コインを作りました。

アニメ『らき☆すた』で有名な鷲宮神社がある事で多くのファンが訪れそれが縁で地元商工会が中心となり『らき☆すた』を使った町おこしを行い成功した町です。

当日コイン配布時は長蛇の列が出来,地域通貨として使われたました。

ArtHair-SAMURAI 様「Happy Coin」を作りました

ArtHair-SAMURAIコイン

ArtHair-SAMURAI STAFF様より

セット面にコインとカードが置いてあり、担当スタッフのサービスに満足して頂けたら投票してもらいます!

お客さんに頂いたハッピーコインの枚数分の「ありがとう」を1枚100円として、募金する事にしました。

スタッフも「ありがとう」を頂くためにがんばっています!

このコインでお客さんもスタッフもHappyになれると思うので、これからも活用していきたいです。

EYECON 益本貴雄 様

益本貴雄 様コイン

EYECON 益本 様 HP

使う様になって 約1ヶ月ほど経ちますがこれまで配った人みんな 反応はかなり良いです!

やはり日本の職人技は誰が見ても感動するモノなんですねー。

読みづらいので紙のも作った方が良いとか名刺ケースに入らないとかは言われますがノーマルな名刺にはないコミュニケーションが生まれ作って良かったなーと思っております。

まだしばらくは 配りきれずにおると思いますがまた他の事でも今後とも宜しくお願い致します!

マルティ カルティ 様 両面コイン

マルティカルティ様

マルティ カルティ様

店内通貨として、コインを上手に使っていらっしゃいます。

マルティカルティ様では、通常のお金(円)とオリジナル通貨のマルティンを使っています。

両替機で円をマルティンに変えると1000円で11枚(1100円分)のマルティンが出て100円お得となっています。

cafe bar musica 様 両面コイン

cafe bar musica(ムジカ)様

cafe bar musica様

ワンドリンクサービス券としてご利用頂いています。

配られたコインはリピーターとして自分で使うだけではなく、友達や知人にあげるなどされて、ご新規さんも連れてきてくれる?

peace cafe 様 両面コイン(オプション 金メッキ)

peace cafe 様 両面コイン(オプション 金メッキ)

peace cafe様 HP

コインの利用はオープン記念のドリンクサービスチケット代わりに使いました。

お陰様でとても評判がよく、当店は女性のお客様が多く「可愛い、素敵」などのお言葉をいただいており、この辺りではコインをサービス品として出している場所がないのでインパクトは絶大でした。

回収後、又何かイベントがあるときに配布しようと思っています。

JUJO'S BIZARRE ADVENTURE DOR 様

JUJO'S BIZARRE ADVENTURE DOR 様

ワンドリンクチケットとして使用。

「ジョジョの奇妙な冒険」が好きなオーナーさんの十条(JUJO)にあるお店なようです。デザインにとてもこだわりをお持ちでした。

レストラン&アメリカンバー Cow Girl's 様 両面コイン

レストラン&アメリカンバー Cow Girl's 様

コイン購入機でコインに変えて、商品が来た際にカウガールに渡します。

コインを購入した後はサーブされたときにコインを渡すだけです。お客様のお帰りの際には清算の必要が無く大変好評だそうです。

frog 様 両面コイン(オプション 銀メッキ)

とても好評で大変気に入っております。

オープン記念のノベルティとしてお客様にお配りし、当店で500円と等価として使っていただいております。コインのデザインから縁起物として、使わずにお財布に入れてる方もおられます。

短納期ご相談ください。
自社工場ならではの スピードで対応します!

TEL:03-3268-5425 運営会社:(有)青谷製作所
MAIL: info@aotanimf.com

お客様の実例をストーリーにしてみました

イタリアンバー・洋風居酒屋

イタリアンバー/リピーターを増やす集客アイテム

本来は洋風居酒屋として夕方からのお客様をメインの営業でしたが、今は昼も会社員の方や買い物客をターゲットにランチも提供しています。

しかし、夜に比べてランチメニューは客単価を高く設定することができません。時間も限られ、中々利益が出せない状態でした。そこで「昼のランチのお客様を夜に誘導出来ないか」という強い思いが有り、割引券やクーポン券の使用などいろいろ模索していました。

そんな時、コインを上手に利用しているお店の存在を知りました。値引券や、ドリンクチケット代わりに更に印象深くお客様にお渡ししたいと考え、自分のお店でも採用する事にしました。
正直使い回しもできるかな・・・と思いました。

お店のロゴ、名前、電話番号の入ったコインを作り、ランチのお客様に配る事にしました。ランチのお客様は有る程度固定化されているので、配るのは年に数回で年末年始や、連休前、季節の変わり目などの時期です。

配りはじめて数カ月は個人のお客様の利用が多かったのですが、半年過ぎた頃から違った効果が出てきました。コインを持ったお客様の団体の予約が入るようになりました。
職場などで複数の人が同じコインを持っていると、「みんなでランチのお店に、今度は夜行ってみよう」という気持ちになるのではないでしょうか。これはコイン自体に、無くならない、使ってみたくなるという特長が有るからなのかもしれません。

カクテルバー

カクテルバー/リピーターを増やす集客アイテム

カクテルバーを新規開店するにあたり、立地が都市部の激戦区への出店という事もあり、よくある広告やありふれたDMだけではインパクトが弱いだろうと思い、オリジンルのコインを作成し同封しました。

大切なお客様になっていただけそうな方へ、慎重にお送りさせていただきました。オープン告知のDMと共に、デザイン性の有る店オリジナルのコインが入っています。そのコインを持ってご来店頂ければ、ワンドリンク無料とスペシャルグッズのプレゼントというサービスを実施しました。

コインが同封されたことでDMを開封した際の印象が深く、また、コインということで捨てにくく、珍しさも手伝い宣伝効果があったようです。おかげさまで、オープン時は沢山のお客様にご来店いただけました。
回収したコインは再利用ができるので、次回は割引のクーポン券として利用していこうかと考えています。

レストラン・バー

レストランバー/リピーターを増やす集客アイテム

お店の混雑時に少ないスタッフで、どうお客様に対応するかという問題に困っていました。酔ったお客様がお会計をせずに帰ってしまうという事もしばしばあります。

そこでコインの使用を考えました。あらかじめ、入店時にコインを購入していただきます。オーダー時、飲食価格と同じ枚数分のコインを1枚、2枚と渡していただくシステムです。
こうすることにより、レジ精算にかかる時間の短縮と、お店の経営側としては人権費の節約ができました。

お客様の反応は上々で、変わったシステムなので話題性も有り、お帰りの際にはそのままお店を出ることができ、酔っている時には煩わしく感じるお会計が無いので楽だということです。
使いきれなかったコインは勿論、払い戻しができます。

コインを持ち帰るお客さんも多く、潜在的なリピーターになってくれます。また、次回の来店用としてコインをまとめて購入されていくお客様もいらっしゃいます。その持ち帰ったコインは、知人や友人に渡すことで新しいお客さんも呼んでくれます。

スーパー銭湯

スーパー銭湯/リピーターを増やす集客アイテム

次回入場料の500円引き券を、以前は紙の割引券を配っていましたが、社の会議で何か「変わった趣向で」という事で「コイン」の使用を始めました。

使用してみて気付いたのは、紙の割引券の使用時は閉店後の掃除の時、休憩室やお食事処のテーブルの上に置きっぱなしになっていたり、脱衣所の籠の中に湿った500円引き券が入っていました。

やはり紙の場合は入浴後のタオルなどに触れた際に濡れてしまい、持ち帰らずそのままという事になるのではないかと思います。

割引券をコインに変えて以後、「折角お配りした割引券」を処分するという、そこで働く者としてとても嫌な気持になる回数が驚くほど減りました。やはりコインはそのままお財布にしまわれる事が多いようです。
持ち帰ってもらえる割合が高いという事は、リピーターとしてお客様が帰って来て下さる数が増えるのではと期待しております。また、コインという変わった趣向の物なので持ち帰ったお客様がご家族へ、友人へ「いってみたら?」とコインを渡して、新しいお客様が来て下さる事も期待しています。

商店街

商店街/リピーターを増やす集客アイテム

地域振興、商店街の活性化の一貫として、どこの店舗でも共通に使うことのできる地域通貨としてコインを作成しました。春から秋にかけてのお祭りやお盆などの人の動きが活発になる約半年間という有効期限を設け、500円換算コインを一枚450円で販売しました。
デザインは一目でどこの商店街かわかる様に地域の名物キャラクターをモチーフとして、地元の方に親しみが持てるようにしました。

普通、商店街で半年間の割引きセールの実施となると店舗どうしの足並みが揃わなかったり、セールのアナウンス効果が半年もの間は持たせられず現実的には難しい点があります。

しかし、コインを使ったこの方法は、先行販売のコイン販売期間のみの広告、宣伝期間で済みます。先に現金化されるので、使われたコインとの引き換え用に現金をプールしておくだけで、個々の店舗での煩雑なセーな経理の処理もなく管理もし易いです。

ル用値付け作業や、複雑

また、以前は印刷物を地域通貨として発行したこともありましたが、ここ最近のコピー機の性能は良く、コピーを瞬時には見分けることが難しく、とくに年配の方がやっているお店をねらった被害がありました。その点においてはコインはコピーが出来ないので、この様な被害もなくなりました。

記念品としての効果もあったようで、購入したお客さんの中には「思い出の品」として、持っている方もいらっしゃいました。

ビジネスホテル

ビジネスホテル/リピーターを増やす集客アイテム

ご宿泊のお客様に朝食券の代わりにコインをお渡ししています。ご宿泊のお客様はビジネスマンの方が大半なので、朝は慌ただしく、朝食券を使わずにチェックアウトしていく方も沢山いらっしゃいます。

使用しなかった朝食券は、次回ご使用もできるのですが、次回のご宿泊との期間が空いた時などは、お財布の中で紙の朝食券はクシャクシャになってしまい捨ててしまうという事があるようです。フロントでお客様にこう説明されても証拠が無く対応に困るという事がありました。
その点コインは、お財布の中でも邪魔にならず、お客様も大事に持っていて下さります。

また、劣化しないというコインの特長を使った新しいサービスも始まりました。
朝食無しのご宿泊もできますが、コインを朝食券として通常は500円で販売しました。そして、ご宿泊が減る閑散期の前には、このコインをご宿泊のお客様に朝食無料のサービス券の代わりとしてお渡ししました。コインは長時間の保管が可能で邪魔にならないというメリットを生かしたサービスだと思います。
そして、何よりコインをお渡しする際に「またのお越しを・・・」という思いを込めてお渡ししています。

コインのお問い合わせ

短納期ご相談ください。
自社工場ならではの スピードで対応します!

まずはお気軽にご相談ください。

運営会社:(有)青谷製作所 TEL:03-3268-5425
MAIL: info@aotanimf.com

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
※お問い合わせへの返信は平日9時~18時までの間にさせていただきます。
(お送りいただいた内容によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

コインを集客アイテムに使っている

お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:03-3268-5425
MAIL
info@aotanimf.com

担当 川合まで

定休日
日祝/第1・3・5土曜

運営会社:(有)青谷製作所

運営サイトリンク

ページの先頭へ